団体参拝

団体参拝とは

神社仏閣をお参りすることを参拝といいます。 この参拝をみんなでお参りすることを団体参拝(団参)といいます。妙心寺の団参は第二世微妙大師五百五十年大遠諱(大正十五年四月十六日)から始まりました。

ご遠諱(五十年忌)にめぐり合えることの感謝の気持ちをもって、ご本山参りすることは、仏様と気持ちが一つになれて、とても素晴らしいことでありました。以来、ご遠諱ではなくても、毎年ご本山にお参りいただけるように、団参の門が開かれました。

私たちは日常の生活を慌しく過ごしているうちに、白隠禅師の言われた「衆生本来仏なり」の言葉を忘れがちになってしまします。

生かされていることに気づくこと、全てのものは全て一人でないことに気づくこと、みなさまの「おかげさま」によって生かされていること。この三つに気づくことが、団参の意味ではないでしょうか。そして、妙心寺開山無相大師様のみ教えが残される場所でお参りすることは、まさに開山様が残されたお言葉の

「その本を務めよ」
の実践修行となり、私たちが少しでも仏様の気持ちに近づくためのきっかけとなることでありましょう。

団体参拝

お問合わせ・お申込は、参拝課までご連絡下さい。
妙心寺派 法務部 参拝課
TEL:075-466-5381(ゴーさんぱい)
受付時間: 9:00~17:00
トップにもどる ▲